20代、30代の女性がフリーランスとして働くメリット5つ

◆お役立ち
Sponsored Links

こんにちは!ERIKO(@ERIKO47081570)です。20代後半のアラサーです。

フリーランスとして独立してからもう少しで1年になります。

20代、30代女性のフリーランス人口はまだまだ少ないですが、逆に言うとブルーオーシャン!

これから始めても全然遅くありません。

今回は実際にフリーランスとして1年働いてみて分かったメリットについてお伝えしていきます。

好きなことを仕事にできる

会社員として働いていると、好きよりも”義務感”で仕事をしている人が多いのではないでしょうか。

・資格がないから未経験可の事務職になった

・就活で受かった会社だからなんとなく続けている

これらは自発的に行っている事ではないので、どうしてもやる気が出なかったり嫌になったりしがちなのです。

フリーランスは自分の好きなことを仕事にできます。好きなことが毎日できるので仕事という前提がありながらも、楽しく働くことができますよ。

例えば

・旅行が好き→旅行記事のライターになる、ブロガーになる

・洋服が好き→スタイリストになる

・写真が好き→カメラマンになる

などなどフリーランスの業種は多種多様です。

”私はこれが好きなんだ!”というのがある方はフリーランスとして活動することで、心に余裕ができて明るく毎日を過ごすことができますよ。

仕事のストレスが溜まらなくなるよ♪

マイペースで仕事ができる

私はフリーランスになる前、会社員として働いていました。そこで常に思っていたのが

「なぜ周りに合わせて仕事をしなければいけないのか」ということ。

私は仕事=いかに効率よくこなすか、ということを大前提で仕事をしていたのであまり残業はしませんでした。でも定時で帰ると、周りから「みんな残ってるのにもう帰るの?」的な目を向けられたことがありました。

”仕事をきちんと時間内に終わらせることの何が悪いの?!”と思うことが度々あったのが、フリーランスになったきっかけの一つです。

フリーランスになってからは、マイペースで仕事ができるので周りの環境に左右されることがありません。

仕事を効率よく行うのが得意という方は、フリーランスになることをオススメします。

満員電車に乗る必要がない

満員電車は会社員の象徴とも言えますよね。私は満員電車が大嫌いでした。これがフリーランスとして働こうと思った一番の理由です。

満員電車があまりにも嫌いだったので、自宅を朝6時前に出て会社の近くで2時間ほど過ごしてから出社する生活をしていたくらいです。

人が多くて疲れるし、朝から体力消耗して仕事に身が入らないなんて本末転倒ですよね。

フリーランスなら満員電車に乗る生活もしなくて良いですし、通勤という行為をしなくても良い場合もあります。

自宅で仕事ができるライターやエンジニアは通勤が必要ありませんから。

満員電車が嫌いな人にとっては、フリーランスという働き方はとても合っていると思いますよ。

自分の時間が増える

会社員だと一日の労働時間が7~8時間と決められていますよね。

フリーランスは自分で働く時間を決めることができます。

「明日は集中して働きたいから6時間」

「今日は予定があるからお休み」

「来週は一日2時間だけ働こう」

なんてことも可能です。

実際に、私も一日1時間だけ働くという日があります。一時間で仕事が終わるのでその前後の時間は完全に自由!買い物したり家で昼寝したりなんてこともできますよ。

仕事もお休みも自分で決められる♪

やればやるほどお金が稼げる

フリーランスは仕事が増えればその分収入が増えます!

会社員だと固定給なのでいくら頑張っても少しの昇給や手当が出るくらいですよね。

フリーランスだと自分で仕事量を決められるので「今月はもっと稼ぎたいな」という時は仕事量を増やすことでその分多くお金が手に入ります。

フリーランスになりたての頃はどうしても経験や人脈不足でなかなか稼げないこともありますが、継続していれば必ず成果は出ます!

自分の価値を自分で決めることができるので「私にはこのくらいの価値がある」という金額で働けるのもフリーランスのメリットですね。

まとめ

20代や30代はやる気やモチベーションが高いので、フリーランスをはじめるのに最適な年齢です。

女性は出産や育児をしたい方もいるので、自分のライフスタイルに合わせた働き方が重要ですよね。

フリーになることに不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、フリーランスは経験よりもやる気が重要です。

誰でもはじめは未経験。自分で経験を積んで実績を積み上げていけば誰でもプロフェショナルになれますよ。

Sponsored Links
この記事を書いた人
ERIKO

ファッションスタイリスト/webライター
都内で活動中。毎月500件以上のファッションアドバイスを行う。LGBTQに理解があり、自らもパンセクシュアルである。平和主義な犬好き。

ERIKOをフォローする
◆お役立ち
ERIKOをフォローする
ヤマエリブログ

コメント