【LGBTって何?】セクシュアルマイノリティ当事者がわかりやすく解説

◆お役立ち
Sponsored Links

こんにちは!ERIKOです。

皆さんはLGBTってご存知ですか?最近では多様性とかダイバーシティという言葉も聞く機会が増えました。LGBTQという言葉もありますね。

”LGBTって具体的にはどういうことなのか”

”どんな人たちがLGBTと呼ばれているのか”

こちらの記事ではLGBTについて、セクシャルマイノリティ当事者でもあるERIKOが分かりやすく解説していきます!

LGBTとは

LGBTとはセクシャルマイノリティ(性的少数者)をまとめた言葉。

・L…レズビアン
・G…ゲイ
・B…バイセクシュアル
・T…トランスジェンダー

この頭文字をとって”LGBT”と呼ばれています。

2015年の調査では、日本の7.6%がLGBTに該当するという結果が出ています。

学校で1クラス30人だとしたら2~3人がセクシャルマイノリティということになりますね。

性は3つの考え方がある

性別は、男性・女性の2つだけでなく色んな切り口で考えることができます。

身体の性

体つき、生殖機能、性染色体など、生物学的な性別のこと。

役所などの書類で選ぶ「男女」の判断基準にもなりやすいです。

心の性

自分自身の性別はどう思うか?ということ。体の性別とは別物です。

男性、女性、中性、性別なし、などその人なりの考え方があります。

性自認とも呼ばれていますね。

好きになる性

人を好きになる時にどんな性別の人を好きになるかということです。性的指向とも言われます。

一般的にストレートと呼ばれる人は、性自認と好きになる性別が違う人のこと。わかりやすく言うと、異性愛者=ストレートです。

例えば”身体と心が男性”で”好きになる性別が女性”ならばストレート。

セクシャルマイノリティの人たちからは”ノンケ”とも呼ばれています。

セクシャリティの種類

LGBTと言ってもセクシャリティはさまざま!

LGBT当事者も知らないようなセクシャリティがたくさん存在します。今回はその中からいくつか限定してお伝えします。

ゲイ

心も体も男性で、好きになる相手も男性な人。

最近のTVで見かける、いわゆる”オネエ”の方はゲイの人もいれば女装家の人もいるので、ゲイ=女装ではありません!

レズビアン

心も体も女性で、好きになる相手も女性な人。ビアンと略されることが多い。

恋愛をする上ではこんな呼ばれ方もあります。

・攻めのポジションの人…タチ
・受け身のポジションの人…ネコ

見た目がお姉さん系の女性からボーイッシュな女性まで色んなビアンさんがいます。

バイセクシュアル

男性・女性どちらも恋愛対象な人。両性愛者。

トランスジェンダー

身体と心の性別が異なる人。

トランスジェンダーにも色んな方がいます。

・身体が男性で心が女性…MTF
・身体が女性で心が男性…FTM
・身体が男性で心は中性…MTX
・身体が女性で心は中性…FTX

身体と心の性別を一致させるためにホルモンを打ったり、性別適合手術をする人もいれば、見た目だけ心の性別に合わせて生活している人もいますよ。

Xジェンダー

自分のことを男性・女性どちらにも決めていない人。

・中性…自分のことを男性・女性の中間地点に位置すると考える人
・両性…自分のことを男性でもあり、女性でもあると考える人
・無性…自分のことを男性・女性どちらでもないと考える人

Aセクシュアル

相手に対して恋愛感情を持たない人。自分の性別をどう認識しているかはひとそれぞれです。

Aセクシュアルの中でも色んな人がいて、

・恋愛感情を持たない
・恋愛感情はあるけど性的欲求がない

などさまざま。「好きな人と手はつなぐけど、それ以上は何もしたいと思わない」という方もいます。

パンセクシュアル

性別にとらわれることなく人を好きになる人。全性愛者。

バイセクシュアルは両性愛者ですがパンセクシュアルは男性・女性・中性etc…色んな性別の人を好きになるパターンが多いです。

パンセクシュアル当事者が思うこと

今回はLGBTの基礎知識編としてセクシャリティの種類などをお伝えしました。

LGBTという言葉が知れ渡っている現在、パンセクシュアルという存在はまだあまり知られていません。

全性愛者というと「誰でも好きになるなんて優柔不断」と思う方もいるかもしれないですね。でも意外とストライクゾーンは狭かったりします笑

普段生活していても「この人は男!女!」みたいに意識しないのもパンセクシュアルならではなのかもしれません。

知人から「私実はレズビアンなの」とカミングアウトされた経験もありますが、基本的に性別を意識しないので「そっか~、それであなたはどんな人なの?」といったスタンスです。

みんなそれぞれ個性があるんだから、性別にとらわれず自由に生きられる社会がこれから大切になるのではないかなぁと思います。

 

Sponsored Links
この記事を書いた人
ERIKO

ファッションスタイリスト/webライター
都内で活動中。毎月500件以上のファッションアドバイスを行う。LGBTQに理解があり、自らもパンセクシュアルである。平和主義な犬好き。

ERIKOをフォローする
◆お役立ち
ERIKOをフォローする
ヤマエリブログ

コメント