【確定申告2019】まだ間に合う!確定申告で得する人はこんな人

◆お役立ち
Sponsored Links

こんにちは!ERIKO(@ERIKO47081570)です。

みなさん、2019年の確定申告はもう済ませましたか?ちなみに今年の申告時期は2019年2月18日(月)~3月15日(金)までです。

はなちゃん
はなちゃん

確定申告って難しそうでわからないよ

確かに、税金の計算って複雑そうでわかりにくいですよね。でも確定申告をすることで得することって結構ありますよ。

今回は確定申告を迷っている人、やり方がいまいちわからない人に向けて確定申告の説明をしていこうと思います!

確定申告って何?

確定申告とは、一年間に得た収入に対して適切な税金を納付することです。

通常は毎年1月1日から12月31までの一年間に得た金額で計算します。会社員だと毎年年末調整を受けることができるので自動的に適切な税金が納付されますが、フリーランスなどの場合は自分で確定申告を行う必要があります。

確定申告が必要な人

確定申告は全員がやらなければならないわけではありません。確定申告が必要な人は下記に当てはまる人です。

・フリーランス(個人事業主、自営業)

・株を運用していて一定の利益を得た人

・不動産収入などで利益を得た人

・会社員で副業をしていて年間20万円以上の利益を得た人

・2か所以上で働いている人

こちらに書いたのは一部なので、これ以外にも確定申告が必要な場合があります。

 

最近は副業ブームなので「自分も確定申告が必要なのかな?」と思う方も多いかもしれませんね。

副業の場合、

副業での売上ー必要経費=20万円以上

こちらに当てはまる場合は確定申告が必要になります。利益が20万円を超えなければ確定申告をする必要はありません。

確定申告をした方がお得な人

事業で赤字が出た場合

フリーランスや自営業の人は、利益が38万円以下であれば確定申告は不要です。ただ、売上よりも経費がかさんでしまって赤字になった場合は、国からお金を返してもらえるケースがあるので、確定申告をした方が良いでしょう。

特にフリーランスで業務委託として働いている人は、源泉徴収と呼ばれる税金が多く引かれている場合があるので確定申告をするとお金が戻ってくる確率が高いです。

ケガや病気で通院した場合

ケガや病気などでたくさんのお金を使った時にも確定申告することで、お金が返ってくることがあります。

実際に通院などで支払った金額ー保険金や補助金=10万円以上

このような場合は医療費控除が適用されるので、確定申告をした方がお得です。

2017年からは”セルフメディケーション税制”と言って、該当している薬などを薬局で一定額購入した場合も税金がお得になる制度ができました。

確定申告の流れ

確定申告書をもらう

まず確定申告に必要な書類を手に入れましょう。必要な書類はこのような方法で手に入れることができます。

・国税庁のHP

・税務署の窓口

・税務署から郵送で取り寄せる

現在はネットで確定申告を済ませることもできるので、日常から会計ソフトを使っている人はネットからやると便利ですよ。

ちなみに私も確定申告は全部ネット上で行っています。

確定申告書を書く

確定申告書に必要な情報を書きます。名前や住所などの基本的な情報から、実際に得た収入、使った経費、などを書いて計算していきます。

詳しくはこちらのページに書いてありますよ。

確定申告書B(第一表・第二表) 基本情報の記入方法

収入金額等、所得金額の計算方法と記入方法

確定申告書を提出する

確定申告書を提出する方法はこちらです。

・税務署の窓口に直接持っていく

・税務署で郵送する

ネットで確定申告をする場合はe-Tax(国税電子申告・納税システム)を使って書類を作り窓口まで持っていく方法と、封筒に入れて郵送する方法、ネット上で提出する方法があります。

ネット上ですべて完結できるとかなり楽なので、フリーランスの方は会計システムとe-Taxを使って申告する方法が一番おすすめです。

まとめ

確定申告についての概要をまとめてみました。もし”確定申告が必要だけどよくわからない”という方は税務署で確定申告の相談などを聞いてもらえるので、迷ってるなら思い切って税務署に行きましょう!

必要な分を正しく納税することが大切ですよ。

Sponsored Links
この記事を書いた人
ERIKO

ファッションスタイリスト/webライター
都内で活動中。毎月500件以上のファッションアドバイスを行う。LGBTQに理解があり、自らもパンセクシュアルである。平和主義な犬好き。

ERIKOをフォローする
◆お役立ち
ERIKOをフォローする
ヤマエリブログ

コメント