【モチベーション】やる気が出ない、でもやる気を出したいときに有効な方法

◆お役立ち
Sponsored Links

こんにちは!ERIKO(@ERIKO47081570)です。

「やらなきゃいけないことがあるのにやる気が出ない」そんな経験ありますよね。

大人になると「やる気が出ない…でもやらなきゃいけない…どうしよう!」なんて思ったりすることが多いと思います。

実はこの記事を書いている私も、たった今やる気がイマイチな状態!でもブログもUPしたいし仕事もやりたい!

ということで、今回はやる気が出ない時に有効な方法についてご紹介していきます!

やる気が出ない原因の正体

悩みやすい人はやる気がなくなりやすい

やる気は自分の意思の強さと直結します。つまり、自分が「やるぞ!」と思わなければやる気はでないよってことです。

特に「どうしようかなー」という感じでよく悩む人は、常に悩みが頭の中でグるグル回っている状態なので、やる気を出すまでの道のりが長くなってしまいます。

考えごとが多い人もやる気が出ない理由のひとつ。

・考えごと

・悩み

これらはやる気をなくす大きな原因です。

解決法としては、悩んでいることや考えていることを紙に書き出して頭の中を整理すると良いですよ。

頭の中で優先順位をつけることで「これは今考えなくてもいいな」ということがわかるはず!

なんのためにやるのか分からない

仕事が忙しくなると思いがちなのが「なんでこんなことしてるんだろ?」ってことです。これをやってなんか意味があるのかな?とか。

そう思ってしまった時は初心に戻ることが大切です。どうしてこの仕事をやりたかったのかという目的を思い出すことで、自分の行動する意味がわかるのでやる気が出ます。

やる気を出す方法

やったらどうなるのかを考えてみる

「この仕事面倒くさい、やる気が出ない」そう思ったらこの仕事をやることでどんないいことが起こるのか考えてみましょう。

・昇格する可能性が上がる

・明日は早く帰れるかも

・自分のスキルアップになる

こんな感じでやる気が出ない時は、やる気が出た時の自分の結果を考えてみると効果がありますよ。

やらなかったらどうなるかを考えてみる

じゃあ逆に、やらなかったらどうなるでしょうか?

・周りからの評価が下がる

・明日も残業になる

・成長できない

これって結構困りますよね。もしやるべきことをやらなかったらどうなるのか考えてみると、やった方がメリットが多いことに気づくはずです。

「やる気が出ない~」と言ってダラダラしているよりもずっと効果的ですね!

ちょっとやってみる

「やる気が出ないけど、やらなきゃ」そう思うならちょっと動いてみましょう!

例えば目的が”パソコン仕事”の場合

・ソファに座ってるなら立ち上がる

・パソコンの前に座ってみる

すると自然にパソコンを動かす気になるんですよね。

やるべきものを目の前にしてちょっと手を付けると自然と手が動き始めることができます!(ちなみに今の私がそうですw)

リフレッシュする香りをかいでみる

なんとなくやる気が出なくてダラ~っとしている時は、リフレッシュできる香りをかぐのがおすすめです。

私が好きなのはハッカ油!1プッシュで爽やかな香りが広がってシャキッとします。

自分の好きな香水をつけたり、部屋にリセッシュをする、とかでもOK!

香りの効果は気分転換するには最適なのでやってみる価値ありです。

まとめ

やる気が出ない時は、やらなければいけないことを「やったらどうなるのか」「やらなかったらどうなるのか」を考えるとうまくいきます!

そして少しでもやった方が価値がある!と思ったらちょっと動いてみる。

これでやる気が出ないループから抜け出せるはずです!

 

 

Sponsored Links
この記事を書いた人
ERIKO

ファッションスタイリスト/webライター
都内で活動中。毎月500件以上のファッションアドバイスを行う。LGBTQに理解があり、自らもパンセクシュアルである。平和主義な犬好き。

ERIKOをフォローする
◆お役立ち
ERIKOをフォローする
ヤマエリブログ

コメント